ENTER THE REVIEW

アクセスカウンタ

zoom RSS 200w REVIEW '17 『ロスト・イン・パリ』

<<   作成日時 : 2017/07/11 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フィオナの携帯の着信音は唄う。
「自虐的でおバカな私」。
セーヌに転落し、船上レストランで踊り、エッフェルによじ登る。
アベル&ゴードンはフィオナとドムの世間との違和を
体当たりのパントマイムで視覚化するが、
笑いのための“ドジ”は苦痛だ。
カナダの旗が突き出たフィオナの大荷物は、
ただでさえ“不器用”な彼女の前途をことごとく阻む。
ベンチに腰掛けたマーサとダンカンの足首ダンスは愛らしく、
野良犬も“好演”だが、
エッフェルからパリを見下ろす解放感が弾まないのは、
彼らの笑いがフィオナ&ドムのスプリット画面ごしのラヴシーンのように、そ
んな夢見心地とは裏腹に生々しいからだ。
船上レストランでのドムへの客あしらいも不可解かつ不快だ。

Paris pieds nus
2016年フランス=ベルギー映画
配給=サンリス
監督&出演=ドミニク・アベル&フィオナ・ゴードン
出演=エマニュエル・リヴァ、ピエール・リシャール


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
200w REVIEW '17 『ロスト・イン・パリ』 ENTER THE REVIEW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる