ENTER THE REVIEW

アクセスカウンタ

zoom RSS 200w REVIEW '17 『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』

<<   作成日時 : 2017/06/12 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「何のために踊るのか?」。
少年セルゲイの「踊ることで、人を喜ばせたい」は、
観客のみならず家族への愛だ。
彼の学費のため父と祖母は
海外へ出稼ぎというプレッシャーの中、
いつか家族が一緒に暮らすために彼は踊り続けるが、
両親は離婚し、目標は失する。
「それ以降、泣かなくなった」。
英国バレエ退団の“解放感”も束の間、
全身の刺青も舞台ではドーランで隠さねばならない。
成功に犠牲はつきものだ。
友は気晴らしとなり、恩師は父親代わりになっても、
“少年時代”は取り戻せない。
母は「彼は体操ではなくバレエを選んだ」と回想するが、
当のセルゲイは「母に押し付けられた」。
しかし、幼時のバレエ教室を再訪し、彼は初心を取り戻す。
「踊ることは楽しい」と。

Dancer
2014年イギリス=ロシア=ウクライナ=アメリカ映画
配給=アップリンク/パルコ
監督=スティーヴン・カンター
ドキュメンタリー映画

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
200w REVIEW '17 『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』 ENTER THE REVIEW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる