ENTER THE REVIEW

アクセスカウンタ

zoom RSS 200w REVIEW '17 『歓びのトスカーナ』

<<   作成日時 : 2017/05/26 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

カーニヴァルの翌朝のように、
安らぎは狂騒の後、訪れる。
ベアトリーチェの“余計なお世話”は、
閉鎖的な病院に息が継げないからだ。
胸に渦巻く感情が虚言のような饒舌を生む彼女は、
病院からの逃亡を「楽しんでいるの」と笑いのめす。
ドナテッラの狂気は孤独だ。
両親との関係はいびつなまま、息子も奪われた。
「私は生まれてからずっと淋しかった」。
ベアトリーチェの過剰とドナテッラの空白が、
トスカーナの海辺で補完する。
「私たちは何を探してるの?」「幸せを少し」。
名乗らずとも成長した息子との他愛ない談笑が
ドナテッラの癒しとなる。
深夜、病室の窓からベアトリーチェが
傷だらけで帰還したドナテッラに微笑む。
その美しさが稀有な友情の印だ。

La pazza gioia (Like Crazy)
2016年イタリア=フランス映画
配給=ミッドシップ
監督=パオロ・ヴィルツィ
出演=ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマッツォッティ、ヴァレンティーナ・カルネルッティ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ドナテッラにとって“父から贈られた曲”
「Senza Fine」は少女時代の数少ない美しい想い出なのだろう。
彼女は今も父が作曲したと、無邪気に信じ切っている。

omasuda
2017/07/29 13:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
200w REVIEW '17 『歓びのトスカーナ』  ENTER THE REVIEW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる